ホントはいくら?治療にかかる費用

高額療養費制度を知っていますか?

日本の優れた医療保険制度は世界的にも注目されていますが、非常に高額な医療を必要とする場合に個人の負担を軽減する目的で利用出来る高額療養費制度はその中の一つとして知られています。あくまでも健康保険の適用となる治療のみが対象となりますが、一ヶ月内の治療費が収入に応じた自己負担限度額を超える場合、申請を行うことで払い戻しを受けることが出来ます。
自己負担限度額は標準月額報酬によって決められる仕組みになっており、どのような収入であっても一定の負担額があります。また、この自己負担限度額は世帯で合算することが出来る場合もあります。制度の利用を希望する場合には健康保険組合や病院内の相談窓口に相談を行うのも有効な手段です。治療費負担を直接的に軽減してもらうことの出来る非常に有効な制度です。

医療費控除制度を知っていますか?

医療費控除は年度末に行う確定申告で申請することにより課税対象額を減額させることが出来る仕組みのことを言います。その年に支払った医療費から保険金等で補填される金額を差し引き、さらに10万円を引いた金額が医療費控除の対象となります。この金額がそのまま還付されるわけではありませんが、所定の手続きを経て還付される仕組みがあるため、税金の一部が戻ってきます。
この仕組みは健康保険の適用対象外のあらゆる医療費に利用することが出来るのが特徴ですが、最高額は200万円となっています。保険適用対象外の先進医療費の負担軽減も可能な仕組みであり、非常に有効な手段として広く活用されています。但し、この制度を利用するためには確定申告が必要です。