痛くない!包茎治療

包茎治療は自分でも可能?

包茎を治したいと考えている男性の方も多いことでしょう。包茎治療は手術が必要、そして痛いものと考えているかもしれません。しかし、実は軽度の包茎であれば自分でも治療することができるのです。
方法は至って簡単で、勃起していない状態で皮を剥くようにします。その状態で過ごすだけでいつの間にか包茎が治っている場合があるのです。常に皮を剥いておくことで皮が馴染み、戻りにくくなります。また、亀頭部への刺激に慣れることで、常に皮が剥けている状態でも平気になるという効果もあります。しかし、これには注意点も存在します。初期の頃に皮を剥いた状態で勃起してしまうと、場合によっては締め付けられて鬱血の可能性があります。少しずつ治療していく必要があります。

病院でも痛くない治療ができる!

重度の包茎の場合、自分で治療をするのは難しいです。しかし、最近では病院での治療においても痛くない包茎治療が確立されています。それは「切らない治療」です。従来の治療では、亀頭付近の皮を切断することで包茎を治療していました。しかし、その場合性行為時に感じにくくなる、手術跡が残るなどのデメリットが存在しました。
現在多くの病院で採用されているこの切らない治療は、余っている皮を根元に寄せて固定する方法です。また、固定の際にも糸で縫合するのではなく、医療用接着剤で固定する病院も増えています。メスどころか針も使いませんので、ほとんど痛みを感じない治療を受けることができるのです。メスを使う手術よりも安価ですのでおすすめです。