包茎って治るの?気になる方はここをチェック!

包茎は自分でも治せる場合がある!

包茎に悩んでいるという男性の方は多いかもしれません。機能面はもちろん、見た目でも劣っていると感じてしまうものではないでしょうか。包茎といっても仮性包茎、真性包茎、カントン包茎と3つの種類に分けられています。そのなかの仮性包茎は、自分で治せるともいわれているのです。
そもそも仮性包茎は勃起時は完全に皮から亀頭が出ている状態のことをいいます。つまり、通常時でも皮から亀頭が出るように改善すれば良いのです。やり方はとても簡単で、自分で剥く習慣をつけることです。最初の内は服に亀頭がすれて痛いと感じることがあるかもしれません。そんなときには少し休ませましょう。無理せず少しずつ改善することで、仮性包茎が改善できる可能性があるのです。

費用は掛かるが包茎手術も有効

包茎を治す手段として、もうひとつは手術をするものがあります。この場合、仮性包茎だけではなく、真性包茎やカントン包茎でも治療を受けることができます。亀頭周りの皮を切断する手術が一般的で、現代の医療技術においてはほとんど跡が残らないほどきれいに治すことができます。
しかし、もちろんデメリットもあり、手術の工程次第では性交渉の際に感じにくくなってしまうと言われています。また、基本的に保険適用外の手術になりますので、費用がかさんでしまう倍もあります。しかし、機能面、見た目ともに正常なものとなりますので、包茎に悩んでいる人は一考の価値があるかもしれません。包茎手術はプライバシーも守られていますので安心です。

男性の性器を覆う包皮を取り除く包茎治療は処置の方法によって見栄えの良し悪しが大きく異なります。性器の機能に影響が及ぶこともあるので、安全性を重視して丁寧に処置を行う所を選ぶことが大切です。